ホーム  〉ピアノ修理

ピアノ修理

 

お客さまからのSOSで多いのは、主に鍵盤が上がらなくて、困っています!

動きが悪いのですが・・・?

というご連絡です。

 

いわゆるスティックと呼ばれる状態で、鍵盤部分かアクション部分の修理になります。

 

 

下の写真がアクションです。


作業としては、鍵盤を外して物が落ちていないかを点検し、鍵盤のブッシングクロスに調律用の器具やアイロンをあて様子を見ます。

これは調律料金内で出来ます。

 

また内部の調整やアクションを持ち帰り部品の交換をすることもあります。

部品交換となりますと、別料金がかかります。

その場で、2,3個のセンターピンの取り換えくらいでしたらサービスしています。