ホーム > ピアノ調律等  〉ピアノをもう一度ご使用いただくために

 

ピアノをもう一度ご使用いただくために

25年間放ったらかしのピアノをお持ちでしょうか?

 

ピアノのハンマーはご存知のとおり羊の毛で作られています…

例えば、洋服ダンスの中の大切な衣服類…害虫に侵されるのを予防するために防虫剤を定期的に入れ換えますよね。

でも、ピアノは違います。大体長いカバーをかけてピアノの上には楽譜やら、ぬいぐるみ、家族で撮った思い出の写真などなどが乗っていて、102025年もの間 ピアノは放ったらかしそれが当たり前の使われなくなったピアノの運命なのではないでしょうか?裾の長いカバーをピアノにかけているのでホコリも入らないし手で触ることもないからピアノは傷まないはずだ…とタカを括っていないでしょうか?

 

お孫さんがレッスン開始!ご自身が自己流で弾き始めた❣

そんな今こそピアノの再点検をしてみませんか?

 

放ったらかしのピアノ…知らないうちにハンマーに虫が食ってるかも知れませんよ

 (おいらだってペダルの隙間から入って今住んでるんでチュ〜🐹)

ピアノの状況によりさまざまですが、調律込で約10万円から15万円でお請けできるピアノもございます。センターピン及びブライドルレープ交換、ブッシングクロス交換等を行います。

TEL 029-875-9234      FAX 029-875-9238

 ※日中留守の場合、携帯(下4桁番号7894)に転送になります。

後ほど折り返しさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ E-MAIL info@sollasidou.com